国連大使に西田氏起用へ=安保理改革の経験重視(時事通信)

 政府は13日、在任期間が7月で3年となる高須幸雄国連大使の後任に、西田恒夫駐カナダ大使を起用する人事を固めた。近く閣議決定する。安全保障理事会では韓国哨戒艦沈没事件など重要テーマを抱えていることから、国連政策を担当する総合外交政策局長として、安保理改革に取り組んだ西田氏の経験を重視した。 

【関連ニュース】
所信表明演説要旨
所信表明演説全文
哨戒艦事件で連携確認=日韓首脳が電話会談
菅首相、普天間合意履行を約束=子供連れ去りも対処を
岡田氏、対ロ政策に変更ない=日ロ外相が電話会談

<はやぶさ>カプセル回収は準備万端(毎日新聞)
「無罪勝ち取り、出直したい」 前大阪・枚方市長、近く政治活動再開へ(産経新聞)
<小沢前幹事長>「よみがえりの道」熊野古道を散策(毎日新聞)
採用面接、そのウラで免許偽造・高額商品詐取(読売新聞)
密約文書廃棄、追加調査せず=政府(時事通信)

朝日記者殺害ほのめかす、脅迫容疑で医師逮捕(読売新聞)

 朝日新聞記者2人を名指しして殺害をほのめかすファクスを送りつけたとして、茨城県警は2日、同県笠間市下郷、医師本間隆行容疑者(56)を脅迫の疑いで逮捕した。

 発表によると、本間容疑者は3月12日、朝日新聞東京本社社会グループの男性記者2人を名指しし、「20年以上前の赤報隊の散弾銃事件を忘れたか、即死した記者みたいになりたいか」などと記載したファクスを、水戸市の朝日新聞水戸総局に送りつけた疑い。記者2人は前日の朝刊で、生体肝移植を巡る不適切な医療行為などで東京医大の理事が辞表を提出したと署名記事で報じていた。本間容疑者は東京医大のOBだったという。本間容疑者は調べに対し、「はっきりとは覚えていない」と容疑を否認しているという。

 朝日新聞社広報部の話「報道に対する看過できない脅迫と受け止めている。捜査の行方を見守りたい」

ヘルパーが家族に訪問介護、不正請求で指定取り消し―奈良(医療介護CBニュース)
民主・石井一議員宅で金庫盗難=現金1000万円、妻が届け出―神戸(時事通信)
パナソニック、太陽電池事業に本格参入――国内シェア35%以上が目標(Business Media 誠)
首相辞任検討「済州島で一人で考えた」(産経新聞)
凶器刺さったまま追いかけ、強盗取り押さえ(読売新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

この広告は180日新規投稿のないブログに表示されます